lady in love

斎藤工さんが大好きで応援しています^^ 工のコトやくだらない日常を呟いてますv

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながらのえる(笑)


「Boys Love」私の簡単な感想(笑)

のえるの変わっていく心を表している工の表情が大好きです

全編通して強く思ったのはソコでした(爆)


変わっていく心を表している表情は流石工だなって思いました。
独特なセリフ回しは置いといて(コラ)
工ってほんとに表情を表現するのは上手いと思います。
流石表現者だと言うだけあるわ、なんてね(おぃ)

率直な感想としてはストーリーがちょこっとだけ期待ハズレって感じでした。。。
もっと色んな意味で色々あると思ったんだよね(期待しすぎ?)


過去にけんちゃんを愛していたとしても
私はとっかえひっかえするのえるの相手はオンナでも良かったと思う。
千鳥もオンナでいい。
それでのえるが間宮に惹かれてしまって気付く、、、
自分はホントにゲイだってことに。
で「BOYS LOVE」(ベタすぎ?)

オンナの千鳥を選んでおけば普通の人生を歩めただろうけど
オトコでも間宮という人間に惹かれてしまった為に
あのような結末を迎えることになってしまった、とか。。。
だっていくら幼馴染で【けんちゃんの存在と過去】を知っていても
好きならいつも傍にいた自分をって少しは望みを持つじゃない?
なのにのえるが選んだのはオンナの自分じゃなくて男の間宮なんだもん。
ショックだと思うんだよねー
千鳥が号泣していたシーンを見てそう思った。。。
どう頑張ったってオンナじゃ頑張りようないからね・・・
張り合うとか以前の問題だし。
まぁ色んなオトコと身体を重ねることで
のえるは【今はこの世にいないけんちゃん】を重ねていたのかもしれないけど。

「身体張ってます」工がそう言ってたように
確かに身体張っての工の演技は素晴らしいし
本当に愛し合っているんだなって微笑ましく思えるようなコニーとの二人の演技も
好きなのに振り向いてもらえない辛さを表現している松本くんの演技も
素晴らしいです。

まだの人は観てみても・・・
ただ一応、ひとりで観ることをオススメ致しますが(笑)
 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

ニッポン脱出

斎藤工のニッポン脱出~1981~

本を出すにあたって自分の四半世紀を辿れば楽しい道のりを歩んでいる工。どこでどんな‘CHOICE’をして今に至るか、工の言う通りそれが分かる。幼少の頃の写真や描いた絵など満載で斎藤工を深く知るコトが出来るハズ(おぃ)。楽しめますv

カレンダー2009

斎藤工カレンダー2009

プロフィール

nao

Author:nao
斎藤工クンが大好きです♡
・・・愛故時折ド派手に歪みますが(ぇ)
生工を拝みたくて。
あの目ヂカラに堕とされたくて。
ぷにぷにお手々に触れたくて。
工が関わると金銭感覚がなくなってしまう工バカで工破産街道を前のめりに突っ走ってますぅ~!
(*^^)v ←全然威張れない

氷帝からテニミュにズボっとハマり
キャストみんな好きですが
加藤和樹クン・滝川英治クン贔屓
そして今は秋山真太郎クンも(笑)
 
あと大好きと言えば
TEAM NACSも大好きです♡
北海道に移住したい(笑)
 
こんなヤツですがどうぞよろしく!

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック

春琴抄

斎藤工が魅せる究極の耽美文学 メイキング・オブ「春琴抄」

ココロノグルリ

ココロノグルリ~通常版~

斎藤工ファーストアルバム

NoBorder

斎藤工Photobook No Border

calling

斎藤工DVD calling

プライベートジャーニー

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー西安編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー体験編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー敦煌編

プライベートジャーニー2弾

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーバンコク編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニースコータイ編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーチェンマイ編

THE FAMILY 絆

THE FAMILY 絆

BOYS エステ

BOYS エステ

トンデモホラーシリーズ

あ!お皿に首が乗っている

空飛ぶジョンと萬次郎

空飛ぶジョンと萬次郎

ユリシス

ユリシス

Kazuki Live“GIG”2006

Kazuki Kato Live“GIG”2006

Kazuki Live“GIG”2007

Kazuki Kato Live“GIG”2007

最後のクリスマス

最後のクリスマス

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。