lady in love

斎藤工さんが大好きで応援しています^^ 工のコトやくだらない日常を呟いてますv

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきた

昨日、握手会行って来ましたのでちょこっと触れさせていただくと
ミュ以外の生ルイルイと生相葉っちにカンドーしました。
もちろん工にもカンドーしましたが贅沢言えば工は何度か拝見させて頂いているので(笑)

15分くらいトークの後で握手会が始まりました。
(その内容は行った方々が丁寧に書かれているBlogをご覧アレイ~ってコトで!)
ルイルイ→工→相葉っちの順番でこちらは座席順。
私は後ろの方の座席だったので他の方がされているのをず~っと拝見していましたが
メイトの握手会って結構話せるってウワサを聞いていたんだけどぜ~んぜん違うの!
握手している方の後ろにピッタリ!とスタッフの女性の方がついて
少しでも長く話してるモンなら肩に手を置いて退かされる!ような状態・・・
あれじゃ1言喋ったら終わりじゃない!?って遠くから見て思った。
もう少しそれぞれ時間を下さってもいいんじゃないの!?が私の率直な感想です。
工は自分からは手を離さない(私はそう感じた)から身体は退かされても手を離さなければ
引っ張られて工クンの身体がナナメっちゃう・・・(どんな感じかわかります?/苦笑)そんな感じ。
人数多くて工たちも大変だろうけど握手しながら話せるって
みんなすっごく楽しみにしていたんだと思うし
もう少しだけでいいからゆっくり接しさせてくれればいいのに!!ねぃ・・・

工ってトークの時は活き活きと話されていたような気もするんですが(当たり前か)
握手の時はローテンションというか疲れていらしたのか・・・笑顔が少なかった気がしました。
(そう感じたのは私だけでなく実際そう書かれていた方もいらっしゃいました)
ずーっとそれを見ていた所為なのか結構落ち着いて喋れた自分がいた気がする・・・
とか言っても初っ端のルイルイとの握手に一瞬意識が遠のき(笑)
すぐに言葉が出ませんでしたけど…


 

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

 
可愛いとばかり思っていたルイルイを目の当りにしたらカッコ良くて
握手した手は男らしかったので(笑)思わず口から飛び出した言葉は
「カッコ可愛かったです!」でした。 ← 意味わからん
岳っくんとしてなのかルイルイとしてなのか主語が抜けたにも関わらず
「あ!ありがとうございます!」
とハキハキと可愛い笑顔で応えてくれたルイルイでした(笑)
「頑張ってください!」
「はい、ありがとうございます」
そんな感じで終了・・・ふっと肩に手が置かれましたしね(-_-;)

次は工・・・
少し並んで待たされ工と握手・・・
おっきくて柔らかくて(もっとゴツゴツ感があるかと思ったら全然違った)包み込まれてる感じ。
目が合う度いつも思うんだけどホントすごい眼力で
すぐに逸らさないから圧倒される・・・
今日も少しも逸らすことなく瞳を見つめて(当たり前か)話してくれるから(ルイルイも相葉クンもだけど)
こっちも負けまいと逸らさずに・・・でも工はルイルイより笑顔じゃないけど(笑)
「~~~でありがとうございました!」 
ずっと言いたいと思っていたことを告げて、それだけは言いたいと
この間のラジかるッの時から思っていたので言っちまった!言っちゃったよ!(煩いよ)
工はと言えば言葉を返しながら笑みをフッと浮かべてくれただけだったなぁ(笑)
ま、別にいいんだけど・・・
どなたかもBlogで仰っていたけどひとりひとりのことは覚えていないと思うし・・・
はい!ここで私の身体は多少引っ張られ気味でございました(多分)
工からは手を離さないから・・・
「これからも応援しています」と言えば頷いていたような・・・
(ラジかるッとかで目が合った時の方がめっちゃ笑ってくれる気がする)


で、最後の相葉っち・・・
彼は違う意味で「王子さま」だと思いました。
(私にとっての王子さまは工だから/笑)
綺麗で優しくて・・・ねぇ。
初代青学好きぃ~な私としてはkimeさまはもちろんだけど
彼が不二クンでよかったのかも知れない!って思ったくらい。
なので「不二クン、すっごくステキでした」って言えば
「ありがとうございます!」ってキラッキラ笑顔全開でルイルイ同様ハキハキと応えてくれた。
相葉っちはそう言いながら握手している手をギュっとしてくれて感動してしまいました。
お陰で工の手の感覚はソコで消えた(笑)
きっと相葉っちは自分のファンに対してすっごく優しいんだろうな~って思った。
あれは相葉っちファンにしたら堪らないね、うんうん・・・

まぁ・・・そんな感じの握手会っした!

最後に言わせてもらえば若さの違いか(コラ)
工のテンションはどちらかと言えばローテンションだからなのか
(ラジかるッでも他の4人よりも大人しめだし)と納得しつつももう少し笑顔が見たかったな。
もちろん他の方の中では笑顔を浮かべられていた時もありましたけどね。
笑わすように会話を~!って難しいコトだと今更ながら悟った私でした(爆笑)
 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

ニッポン脱出

斎藤工のニッポン脱出~1981~

本を出すにあたって自分の四半世紀を辿れば楽しい道のりを歩んでいる工。どこでどんな‘CHOICE’をして今に至るか、工の言う通りそれが分かる。幼少の頃の写真や描いた絵など満載で斎藤工を深く知るコトが出来るハズ(おぃ)。楽しめますv

カレンダー2009

斎藤工カレンダー2009

プロフィール

nao

Author:nao
斎藤工クンが大好きです♡
・・・愛故時折ド派手に歪みますが(ぇ)
生工を拝みたくて。
あの目ヂカラに堕とされたくて。
ぷにぷにお手々に触れたくて。
工が関わると金銭感覚がなくなってしまう工バカで工破産街道を前のめりに突っ走ってますぅ~!
(*^^)v ←全然威張れない

氷帝からテニミュにズボっとハマり
キャストみんな好きですが
加藤和樹クン・滝川英治クン贔屓
そして今は秋山真太郎クンも(笑)
 
あと大好きと言えば
TEAM NACSも大好きです♡
北海道に移住したい(笑)
 
こんなヤツですがどうぞよろしく!

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック

春琴抄

斎藤工が魅せる究極の耽美文学 メイキング・オブ「春琴抄」

ココロノグルリ

ココロノグルリ~通常版~

斎藤工ファーストアルバム

NoBorder

斎藤工Photobook No Border

calling

斎藤工DVD calling

プライベートジャーニー

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー西安編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー体験編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー敦煌編

プライベートジャーニー2弾

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーバンコク編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニースコータイ編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーチェンマイ編

THE FAMILY 絆

THE FAMILY 絆

BOYS エステ

BOYS エステ

トンデモホラーシリーズ

あ!お皿に首が乗っている

空飛ぶジョンと萬次郎

空飛ぶジョンと萬次郎

ユリシス

ユリシス

Kazuki Live“GIG”2006

Kazuki Kato Live“GIG”2006

Kazuki Live“GIG”2007

Kazuki Kato Live“GIG”2007

最後のクリスマス

最後のクリスマス

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。