lady in love

斎藤工さんが大好きで応援しています^^ 工のコトやくだらない日常を呟いてますv

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nirai Kanai出版記念握手会&チェキ

集合時間より少し早めに待ち合わせをしたのに
某舞台のチケットを取ろうと繋がらないPCに夢中になっていたら
すっかり出遅れてしまい、、、
本来書かれていた集合時間より少し遅めに到着。。。(ごめんなさい!!)

既に福家から離れた扉の外に行列が出来ていました。

70名くらいかな、順番に誘導されて福家書店のローブ内に並ばされました。
そこからチェキまで30分くらい?
相変わらず友達と「何話そう!?」と悩みながら
並んでいるTAKUMIXなお友達を発見!みたいな(笑)
「おぉ~!」といろんな方と挨拶したりお話させていただいたり
渋谷サンがいて挨拶したり待っている時も楽しかった。
囲まれた中に工が待機。
カバンを置いて中へ入ると中でも4人くらい並んでいて。
参加券を渡し自分の番になるとまずチェキから。
工の横に赤い線が引かれていて
「こんにちは~よろしくお願いします」
「この線まで来てくださいね」みたいなことを工に言われ並んで立ち。
チェキが終わると握手&ちょっとお話。
2~3言交わせました。
「めっちゃドキドキして心臓が飛び出そうです。どうしよう!」
工は笑い、いや、失笑っスね(笑)
どーしよーじゃねーよ!てな話だ、ホント(-_-;)
後でFCの方にと伝えじゃあまた後で!いつもありがとうで終わった(T_T)
その後でチェキと本をいただいて終わり。
今回は中にスタッフがいっぱいいらっしゃいまして、、、
あんまり話しが長いとスタッフが順番に「ありがとうございました」って言うとか(笑)
何人もに言われたら工が話していても焦りますよね~(笑)
FCの時に聞いたんだけどちゃんと予定通りに終わったそーです。
ほとんど福家の方が仕切っていたとか。


このNirai Kanai出版についてはこちら



****** ▼ 追記記事 ▼ ******

4時半からはFCの方に参加。
花心に着いたらお友達とか知っている方が猫の手スタッフだったりしたので安心感があると言うかそれもまた楽しいものでした^^
30分ごと20名くらい5回くらいって言ってたかな。
1階で前の方が終わるまで待ち順番になって2階へ行くと
周りに椅子が並べられていて。
入り口付近の真ん中に工が椅子に座って横にコバちゃんが立って
10分くらい相変わらずなトークを(笑)
今日はコバちゃん膝丈くらいのズボンだったんだけど
それについてよ~く喋ってました(笑)
「前の回の方がコバちゃんの半ズボンのことしか残ってないと言われるくらい半ズボンについて話してた」みたいなこと言ってたのに今回も結構話を振ってましたね(笑)
工は上の写真にもあるようにフリースだったので対照的。
「朝寒かったんだけど着替える時間がなくて」とコバちゃんは言ってました。
後は・・・
この間DVD化要望があったNirai Kanaiのメイキングが発売されるコトになったけど
あの時観たものより何十分か増えてるけどいつもの如くグダグダだそーで

「なんかもう買わなくていいです。
 誰かが買ってそれをコピーして配っちゃって」とか
「ニコニコ堂に」とか「ダウンロード」とか・・・

工自らそんなコト言っていいんかい!? 発言されてたよーな(笑)

トークの後はこの間みたくお見送りな形で握手&お話で終わり。

私はさっきチェキを2回撮ったけど上手く撮られないから
(顔がダメとかいうことはここでは置いといてください笑)
上手く撮られる方法とかあるか聞いたんだけど
「Nirai Kanaiを撮った時実は4000枚撮ったんだけど
 それだけ撮っても全てがいいものというワケではなくて
 良かったものを選んだのが本に」みたいなコト言ってた。
とは言っても良かったものがあれだけなワケじゃないと思うけどね。
「じゃあ一般人の私が1枚や2枚で上手く撮られたいなんてムリですよねー」
「うん、そうかも」だって(笑)

写真集をひとつ創るにも大変な苦労があるんだな~と
いろいろ話してくれることを聞いているうちに
なんか「最後と言わずまたぜひ!」って言えなくなっちゃいました(^^ゞ
 
この間下で販売されていた写真についてもちょっと聞いたんだけど
内容的には冗談として言っているんだろーなって感じても
顔が冗談だよって顔じゃない気がしたから返す言葉に困ってしまった。。。
この顔はどっちだ!?みたいな(笑)

ほんっとに何度しても慣れなくて‘まだまだだね!’だわ(笑)
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

ニッポン脱出

斎藤工のニッポン脱出~1981~

本を出すにあたって自分の四半世紀を辿れば楽しい道のりを歩んでいる工。どこでどんな‘CHOICE’をして今に至るか、工の言う通りそれが分かる。幼少の頃の写真や描いた絵など満載で斎藤工を深く知るコトが出来るハズ(おぃ)。楽しめますv

カレンダー2009

斎藤工カレンダー2009

プロフィール

nao

Author:nao
斎藤工クンが大好きです♡
・・・愛故時折ド派手に歪みますが(ぇ)
生工を拝みたくて。
あの目ヂカラに堕とされたくて。
ぷにぷにお手々に触れたくて。
工が関わると金銭感覚がなくなってしまう工バカで工破産街道を前のめりに突っ走ってますぅ~!
(*^^)v ←全然威張れない

氷帝からテニミュにズボっとハマり
キャストみんな好きですが
加藤和樹クン・滝川英治クン贔屓
そして今は秋山真太郎クンも(笑)
 
あと大好きと言えば
TEAM NACSも大好きです♡
北海道に移住したい(笑)
 
こんなヤツですがどうぞよろしく!

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック

春琴抄

斎藤工が魅せる究極の耽美文学 メイキング・オブ「春琴抄」

ココロノグルリ

ココロノグルリ~通常版~

斎藤工ファーストアルバム

NoBorder

斎藤工Photobook No Border

calling

斎藤工DVD calling

プライベートジャーニー

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー西安編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー体験編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー敦煌編

プライベートジャーニー2弾

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーバンコク編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニースコータイ編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーチェンマイ編

THE FAMILY 絆

THE FAMILY 絆

BOYS エステ

BOYS エステ

トンデモホラーシリーズ

あ!お皿に首が乗っている

空飛ぶジョンと萬次郎

空飛ぶジョンと萬次郎

ユリシス

ユリシス

Kazuki Live“GIG”2006

Kazuki Kato Live“GIG”2006

Kazuki Live“GIG”2007

Kazuki Kato Live“GIG”2007

最後のクリスマス

最後のクリスマス

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。