lady in love

斎藤工さんが大好きで応援しています^^ 工のコトやくだらない日常を呟いてますv

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Droom2

pnishの佐野大樹さんのイベントザムザ阿佐谷という劇場でありました。
ひな壇みたいな作りで座布団が置かれていて
全て木で作られているすっごくレトロな雰囲気というか
昔の家を感じさせるような私的にはすごく良い雰囲気の劇場。
土足厳禁で靴を入れる袋を持参(笑)
なくても貸してもらえますけどね。
全部で10列くらいなのかなぁ。
最前は舞台に座布団が置かれていましたからすごい近い!(当然)
多分その回は130人くらいだったと思うのでそのくらいのキャパみたい。
後ろにはコバさんとタクミクスの方も座っていました。

そのイベントというか舞台は大樹っちゃんのお部屋ということで
入り口に僕の部屋へ~とメッセが書かれていて
全て僕が作ってますみたいなコトをブログで言っていたけれど
本当にその通り温かいイベントです。

Image124.jpg


 

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

大樹っちゃんの部屋ってコトで
真ん中にちゃぶ台、サイドに座布団が2枚置かれていて
おぼんの上にみかんと急須に湯のみ茶碗が乗っていました。

右隅にベット、正面にスクリーン(大樹っちゃん曰く300インチだとか)と
スピーカーと椅子2個と黄色いバランスボール1個。
左隅に大樹っちゃんが作ったという本棚にワンピースがずら~と並んでいて
フィギュアとかいろいろ置かれていましたが全て大樹っちゃんの私物だそーです(笑)
その横に服をかけるハンガースタンド?があって
ファーストガンタムシャーの衣装の服とかかかっていました。

靴を脱いでお邪魔すれば既に大樹っちゃんがちゃぶ台横に寝っ転がって
ワンピースを読んでいるからビックリ!
まだ開演していないんだよ~
ベットでも寝転んだりしていると客席から何か突っ込みが入り
けど大樹っちゃんは「俺の部屋なんだから~!」とか言ってた(笑)
スクリーンにはエヴァが流れていたんだけど
時々客席をぐる~っと見回しながら「みんな見てるんだ~」
「エバ知ってる人~?知ってるけど観た事ない人~?」とか聞いてました。
すごいフレンドリー!

「じゃあそろそろ支度をするから消そうかな」と
リモコンを手にして客席上の向きながらボタンを押すけれど消えない(笑)
「あれ?」とかしているうちにちょっとよいシーンになっちゃって(笑)
「このまま見たくなっちゃうよね」とか言いながらいきなりプチっと切れれば
「あぁ~」みたいなこと言ってました。

「じゃまたあとで」と言って一旦引っ込んだあと
開演されると干支にちなんでということで
ネズミの着ぐるみで登場!
注意事項など少し前置きを話すと
次は15分くらいのひとり芝居らしくまたまた引っ込み・・・

トレジャーボックスanother story の為に着替えた大樹っちゃんが登場。
ひとり芝居中も映像が中々流れないというハプニングもありつつ(結局は流れた)
終了すると大樹っちゃんってば、そのままその舞台上で生着替えを始めちゃいました!!!
上だけでなくて、下も!!
一応客席にお尻を向けてって感じなんだけどパンツ1枚(笑)
お尻も小さくて肌も白くて「白~い」って声がかかってました。

着替え終わって一息つくと同時にピンポーンとチャイムが。

ここで日替わりゲストである工が登場。
1月22日が大樹っちゃんのBDってコトでプレゼントを持って来たんだけど
モー娘の袋の中には今日の差し入れで置いてあったというお煎餅とウルトラマンフィギュア。
そのモー娘の袋が相当昔のようで○○がいる、○○もいるって
中身より袋の方が価値あるような言い方(笑)
大樹っちゃんはフィギュアもその袋も、棚に飾っていました。

工は白Yシャツネクタイ、その上に青いラコステのVセーターでGパンにエンジ色のソックス。
指が割れているようなヤツで笑ってしまった。
それと白いニットの帽子(よく被っている両脇が三つ網になってるアレです)
大樹っちゃんはスニーカーを履いているのに工は靴下。
「なんで靴履いてるの?」
「工くんも靴はいていいよ」
「いや、このままでいいや」みたいな会話をしてた。

大樹っちゃんが座ろうと言うんだけど冗談で工くんはそのバランスボールにでも、とか言ったら工は言われるまま座り、椅子もあるよってそのあと言われてもずっとバランスボールに座ってました。
2人が共演したジョン萬のDVDを300インチのスクリーンに流しながら当時を思い出してトーク。

その舞台では大樹っちゃんが自殺をしようとする場面で
ロープが出てくるハズが出てこなかった時もあり、大樹っちゃんはすごい焦って
なにかしなくは!と考え思いついたパントマイムでロープを表現したので
後で堀江さんにその機転の良さを褒められると思ったら
「もっとパントマイムを頑張った方がいい」と言われたとか(笑)
暗転した時引っ込もうとしたら舞台から落ちたとか。

工の思い出話は楽屋にゲ○雑誌が何故か置かれていて
たまたま豪起さんとふたりきりだったのでその中にある格好をしてみようとふたりでしていた所女性キャストの方がドアを開けたはいいが、無言で閉められたそうです(笑)

「きっとまだ誤解は解けていないと思う」(工)
「ふたりのキャラを知ってる俺でも無言でドアを閉めていたと思うよ」(大樹っちゃん)
「でも豪起がいい匂いするんだよ」(工)

てゆーか、そーゆーシーンを試すふたりもどうかと思うけどね(笑)


その後はゲームをしようと言って出してきたのが黒ひげ危機一髪。
しりとりをしながら文字分刺してというルールで
しりとりをするのは客席から選ばれた方。
パニッシュのユからスタートし、大樹っちゃんが差した方は
ゆうびんきょくと答え、いきなり6文字?と言いながら刺し、セーフ。
次に工が差した方は
くろひげききいっぱつと答え、それを聞いた工は「はぁ!?」と(笑)
その時の顔がなんともいえなくて好きです(笑)
9文字だったのに黒ヒゲは飛び出さずセーフ。
次に大樹っちゃんが差した方は
つるべと答え、3文字にもかかわらず黒ヒゲが飛び出しアウト!ってコトでバツゲーム。

この時お互いを邪魔するかのように
「ロシア人の名前」とか「区役所が~」とか
「つるべ?つるべ?3文字!?」(大)
「つるべしょうふくてい」(工)
「逆にするなー」(大)みたいな
とにかく差された方が長い名前を言うように言ったり
言われた方は「ちょっと黙ってて!」とか「しぃ~!」とかやりとりが面白かったです。

台の上に置かれた中身がわからない4つのドリンクが運ばれてきて選び飲む。
こちらには中身が書いた紙が貼られていて
赤まむし・青汁・味噌汁・カルピス(原液)
どれを選ぼうが客席から「ああ~」みたいに言われ
「わかんねーよ」とか言いながらも赤まむしを選び
「リポDだよね?美味しい!」と全部飲み干し(笑)
結局赤まむしだと知っても「これ、オチてないじゃん」ということで
何故かバツゲームを受けなくてもいい工と運んで来たお兄さんも一緒に飲むことに。
最初にテキトーに取ったんだけど、工は怪しいと思ったのか
いきなり3つをテーブルに置くとシャッフルし始め・・・
この時自分の取ったドリンクは重いコトに気付きます。
シャッフルし終わった後、最後に残ったものを工は手にして
先程自分が取ったあの重さのドリンクであるコトに気付き
何となくイヤな顔をしながら匂いを嗅ぐと

「昔飼ってたカメが死んだ時の匂いがする」って言い・・・

「おぇ~」というか「うっ」となりながらも青汁をひと口(多分)飲んでました。

受けなくてもいいバツゲームを受け、一番マズい思いをしてました。

大樹っちゃんは工の事務所の社長さんも来ているからここで言っておこう、みたいな感じでpnishの舞台に出て!と言ってました。
その後フルスイングとインストアライブの告知をしてみかんを1コ手にして工はバイバ~イ。


最後のコーナーは歌を歌うコーナーらしく、先生は湯澤幸一郎さんです!
この間ディアミュで湯澤さんというキャラを知ったので楽しみでした☆
夜空のムコウを大樹っちゃんとデュエットするんだけど
キムタクパートが湯澤さん、中居クンパートが大樹っちゃんということでハモる!
湯澤さんはめっちゃ歌は上手いけど、うん、、、大樹っちゃんは、ね?(笑)
歌い終わった後
「ちゃんとハモれてたでしょ?」(大)
「あれはハモりっていうよりズレっていうのよ」(湯)
とか、会話がホント面白い!


「ココだけの話よ」とか「こんなこと言っていいのか」と言いながら
いろいろ話をしてくれたんだけど(ネタばれしたいけど一応ココだけって言ってたから/笑)
湯澤さんにまつわる出来事とか、それ自体面白いんだけど
それ以上話し方も面白くって「湯澤ワールドばんざ~い \(。・▽・。)/」って感じ(笑)

もしかして!?と期待していた湯澤さんと工とのトークがなかったのは残念でした。
いつか共演してくれないかなぁ。。。

大樹っちゃんのお見送りで終わり。

すっごく面白いイベント?舞台?でした!
 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

ニッポン脱出

斎藤工のニッポン脱出~1981~

本を出すにあたって自分の四半世紀を辿れば楽しい道のりを歩んでいる工。どこでどんな‘CHOICE’をして今に至るか、工の言う通りそれが分かる。幼少の頃の写真や描いた絵など満載で斎藤工を深く知るコトが出来るハズ(おぃ)。楽しめますv

カレンダー2009

斎藤工カレンダー2009

プロフィール

nao

Author:nao
斎藤工クンが大好きです♡
・・・愛故時折ド派手に歪みますが(ぇ)
生工を拝みたくて。
あの目ヂカラに堕とされたくて。
ぷにぷにお手々に触れたくて。
工が関わると金銭感覚がなくなってしまう工バカで工破産街道を前のめりに突っ走ってますぅ~!
(*^^)v ←全然威張れない

氷帝からテニミュにズボっとハマり
キャストみんな好きですが
加藤和樹クン・滝川英治クン贔屓
そして今は秋山真太郎クンも(笑)
 
あと大好きと言えば
TEAM NACSも大好きです♡
北海道に移住したい(笑)
 
こんなヤツですがどうぞよろしく!

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック

春琴抄

斎藤工が魅せる究極の耽美文学 メイキング・オブ「春琴抄」

ココロノグルリ

ココロノグルリ~通常版~

斎藤工ファーストアルバム

NoBorder

斎藤工Photobook No Border

calling

斎藤工DVD calling

プライベートジャーニー

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー西安編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー体験編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー敦煌編

プライベートジャーニー2弾

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーバンコク編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニースコータイ編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーチェンマイ編

THE FAMILY 絆

THE FAMILY 絆

BOYS エステ

BOYS エステ

トンデモホラーシリーズ

あ!お皿に首が乗っている

空飛ぶジョンと萬次郎

空飛ぶジョンと萬次郎

ユリシス

ユリシス

Kazuki Live“GIG”2006

Kazuki Kato Live“GIG”2006

Kazuki Live“GIG”2007

Kazuki Kato Live“GIG”2007

最後のクリスマス

最後のクリスマス

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。