lady in love

斎藤工さんが大好きで応援しています^^ 工のコトやくだらない日常を呟いてますv

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「GROOVE FROM K・WEST」


「GROOVE FROM K・WEST」公開生放送に約束どおり行って来ました(笑)


18時から整理番号順に仕切り内に移動。
椅子は2列、残りは立ち見。
18時半くらいにガラスが閉まったままの中に工とミトさんが出ていらして
音は聞こえないけれどリハをやっていたみたいでした。
ガラスの扉が閉まったままだったのでライトが反射して見づらかったけれど
15分前くらいに扉が開けば、そりゃもう近くでよく見えました。
仕切りと言っても銀行とかにある平たくいえばロープみたいなモンなので
整理券がなくても後ろや横から全然見られます。
普通DJやゲストが向かい合って座るイメージだけど(パニスタはそうだった気がする)
客席に向かって座ってくれるので正面で見られるので距離は近いです。

24日行かれるなら行って損はないかと思います(笑)
私も行かれるなら行きたいです。



 

****** ▼ 追記記事 ▼ ******


サプライズな登場の仕方って言ってたけど
ごめん、どんなだったか覚えてない、、、orz

店舗紹介のコーナー?では柏と電波が繋がって話している間
携帯に写メが届き、ほお~みたいな感じで見ていました。
ファーがついた洋服だったのかな。
こんな洋服彼女が着てたらどう?みたいな質問に工が答えるんだけど
「彼女には着せたくないです。脱がせたくなくなっちゃうから」
って、あの声で、しかもエコーなんかかかっちゃって。
ミトさんもナラさんもみんな爆笑!・・・多分。
私も爆笑!(失礼だな)
その後曲がかかるとその間はテレまくりで
手?か原稿?で顔を隠したりしてました。
なんかすごく可愛かったです。
みんなが爆笑している時工も笑いながら全体をぐる~っと見てました。
笑ってゴメン!でもあそこは笑うトコだったんだよね!?
みんな笑ってて良かったよね!そういいたくなってしまった(笑)


自分の曲である「最初と最後の空へ」の紹介では
イントロぴったりで言葉を入れられた工に
TAKUMIZMであぶないときあったよねと突っ込まれてました。
工とミトさんは同じディレクターだそうです。


工&ミトさんとの生セッションでは
工がカラオケで十八番という山崎まさよしさんの
「One more time, One more chance」を歌ってくれました。
ミトさんのキーボード演奏で工は歌います。

この歌は以前にTAKUMIZMでかかった時に
【カラオケに行くようになったとき
 どんな曲が自分に合うか探していた時出逢った。
 声が低いのでキーを下げたりして丁度よいけれど
 そのまま歌える曲として工的には珍しい。
 これは歌詞は女性が聞いていやらしくなく
 ストレートに伝わるカッコいい告白みたいな曲だと思う。
 飾らずカッコつけずストレートに
 歌に想いがこめられるアーティストになりたいなと思う。
 これもカラオケの十八番にしておきましょう】

そう言っていたことがあっただけに本当に上手いです。
自分の持ち歌かと思うくらいでした!
工と一緒にカラオケ行かれる人が羨ましいですよ。
いつもこういうのが聴けるんだよ~

でもこの日は早くから秋葉のカラオケで練習していたそうです(笑)
もちろん座ったまま歌っていましたが
声を伸ばす時は目を瞑りながら(かな?)
左に首を傾げて歌う姿はステキでした。
PVを思い出してしまった。。。

歌い終わった後で録音したやつくださいとか
ディレクターの方にかな、言っちゃうなんてなんか工らしい(笑)
ミトさんは工も大好きな方らしく
i podに最近良く聴く曲としてすぐ出てくるようなコトを言ってました。
番組にも来て下さい
いいですねー
プロデューサーの方お願いします
みたいなことを言いあっていたような、、、(記憶が曖昧)
いつかTAKUMIZMにゲスト出演してくれるといいな。
またセッションをお願いしたいです。


放送終了後、すぐに終わりかと思えば
後説みたいなものがあり、トークの中でもう1回歌ってくれました。

「なんならもう1回歌っちゃいましょうか」
ナラさんから言われ少し驚いたような工に
もちろん会場からも拍手!
「いいんですか?」
「いいですよ~ミトさんも何曲も歌ってるしこの時間(だっけな)好きに使って!」
みたいに言われ
「じゃあ悲しくてやりきれないを・・・」
と言ったけれど突然なので当然ミトさんに楽譜が無く
(ミトさんは何とかしようと思ったのか音合わせかな弾いてはいました)
One more time, One more chanceをもう一度ということになり歌いました。

これは来た人だけの特権?みたいです。

その後はミトさんの曲を2曲。
工はと言えば、その間客席をぐる~っと見回していました。
何かムダに緊張してしまった。。。
私たち観客を緊張させてどないすんねん!(それだけのコトに緊張するお前が悪い)

その後でCD即売会、購入者にはサイン付き生写真と握手。
時間が限られているので~とスタッフは何度も言っていましたが
それでもゆっくり話してくれる工でした。
そーゆートコって優しいよね。
あるコトに対してありがとうって言ってくれたんだけど
そんなん初めてだったからちょっと嬉しかった♪
土曜日「イルミネーションが綺麗な所だから」って言っていた通り
綺麗な所でした。
 
 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

ニッポン脱出

斎藤工のニッポン脱出~1981~

本を出すにあたって自分の四半世紀を辿れば楽しい道のりを歩んでいる工。どこでどんな‘CHOICE’をして今に至るか、工の言う通りそれが分かる。幼少の頃の写真や描いた絵など満載で斎藤工を深く知るコトが出来るハズ(おぃ)。楽しめますv

カレンダー2009

斎藤工カレンダー2009

プロフィール

nao

Author:nao
斎藤工クンが大好きです♡
・・・愛故時折ド派手に歪みますが(ぇ)
生工を拝みたくて。
あの目ヂカラに堕とされたくて。
ぷにぷにお手々に触れたくて。
工が関わると金銭感覚がなくなってしまう工バカで工破産街道を前のめりに突っ走ってますぅ~!
(*^^)v ←全然威張れない

氷帝からテニミュにズボっとハマり
キャストみんな好きですが
加藤和樹クン・滝川英治クン贔屓
そして今は秋山真太郎クンも(笑)
 
あと大好きと言えば
TEAM NACSも大好きです♡
北海道に移住したい(笑)
 
こんなヤツですがどうぞよろしく!

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック

春琴抄

斎藤工が魅せる究極の耽美文学 メイキング・オブ「春琴抄」

ココロノグルリ

ココロノグルリ~通常版~

斎藤工ファーストアルバム

NoBorder

斎藤工Photobook No Border

calling

斎藤工DVD calling

プライベートジャーニー

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー西安編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー体験編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー敦煌編

プライベートジャーニー2弾

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーバンコク編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニースコータイ編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーチェンマイ編

THE FAMILY 絆

THE FAMILY 絆

BOYS エステ

BOYS エステ

トンデモホラーシリーズ

あ!お皿に首が乗っている

空飛ぶジョンと萬次郎

空飛ぶジョンと萬次郎

ユリシス

ユリシス

Kazuki Live“GIG”2006

Kazuki Kato Live“GIG”2006

Kazuki Live“GIG”2007

Kazuki Kato Live“GIG”2007

最後のクリスマス

最後のクリスマス

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。