lady in love

斎藤工さんが大好きで応援しています^^ 工のコトやくだらない日常を呟いてますv

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bambino2

初日観てきました。

昨日はいつかの君への先行チケを取りに窓口へ朝から携帯片手に!
でも着いた時には既に6人並んでてヤバッ!!と焦りながら
その状況に9センチのピンヒールだったけど走っちゃった。
マジで疲れた。。。
走ると分かってたらそんなヒール履いていかなかったのに
並んですぐネットで頑張ると言ってくれたお友達に迷惑電話をかけちゃいました(笑)
このチケはどのくらいの人気なのかわからなくて
まさかドリライの時みたいじゃないよねーなんて言ってた私でしたが
甘 か っ た !
何か即完売だったらしいですね。。。
自分の番まであと2人ってとこでお友達から取れたよーと電話。
2回目も取ってくれて本当にありがとうでした、みーさん
相変わらず工の人気も凄いよねー
まぁ工onlyでなく龍ちゃんもいるけどね(酷ぇ)
工onlyだったら多分FC先行してくれたと思うんだけどさ(思う、だけど)

夕方はぷうちゃんと待ち合わせしてた喫茶店に。
案の定迷った私は20分くらい待たせてしまいましたごめんねー
ぷうちゃんも方向音痴なんだけど(ね?)そのぷうちゃんに
私の方がって言われてちょっと凹んだ(笑)
劇場前ではみーさんと待ち合わせ
劇的なハグをさせてもらい満足です!!!
他のお友達にもさせてもらっちゃって異様な雰囲気だったカモ(笑)
劇場内には当然沢山のキャストの方へ沢山のお花。
和樹とTakuyaへ工からもありましたが写メは禁止で撮れなかった。
工、ミュやラジかるッ一緒だった寿里にはないの?って思っちゃいました。

舞台はすっごく面白いです
Bambino+に、多少リンクされてたり。

ちょっとネタバレすると…(ちなみに原作読みました、私)
ネタバレっていうネタバレじゃないかもですが。


  

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

面白くて突っ込みたいところは満載なんだけど
ストーリー的に真面目に言えばキーワードはTakuyaだった気がする。
最初Takuyaの出番や台詞が少なくてなんで!?だったけど
観ていくうちになるほど、、って。
後はラストの森本クン演じる鉄男の話もポイントだったり(笑)
和樹演じる青山!!
どんなやねん!と、他店ボーイを演じるのかなーとも思ってたけど
違っててスーツで眼鏡!常に敬語喋り。
簡単に言っちゃえばそこを潰そうとしている敵役ってとこでしょうか。
色々あってそれがバレて最後にボーイたちに責められるんだけど
キレた時を演じてる和樹はすごい迫力であんな和樹、役とはいえ初めてで新鮮だった(笑)
ラストの方、和樹は自分たちがしていることに対してお前らサイテーだと訴えるんだけど
その訴えがウリセンってコトに対してで、そう訴える気持ちも
したくないのにしなくちゃならないボーイたちの気持ちも
原作を読んでたからか、何となくわかって悲しかった。
和樹が訴えてるコトって結構ストレート表現だったよ(笑)

最後のカテコ、和樹は最後の最後に登場するんだけど
紫のシャツに着替えてて、前を第2くらいまで開けてたから色っぽかったです(笑)
和樹の舞台はミュ以外ないから、素での和樹のカテコも新鮮だったし
カッコ良かった~
ライブの和樹もいいけど、舞台の和樹もいいっ



あと私は2回観に行ってきます!
ホントは月曜日もだったけど工が美味学院に出るからDVD録画の為
友達にチケット譲ってしまいました(えーっ!だよね/苦笑)

今回は2階席だったけど残りはどれも1階席。
近くで観れると思うと嬉しいカモ。
2階席も全体をって考えると観易くてよかったけど
表情までもは流石に視力が良くても観難くて
私の両脇を含め(笑)和樹が登場すると途端に身体が動き
オペラグラスをセットしてました。
ちょっと周りを見回すとそういう方も結構いらして
和樹ファンが多いんだな~って思いましたー
ちなみに私は和樹じゃない時に借りて観ていたので
和樹ファンだとは思われなかったでしょう(爆)
寿里とかTakuyaとかの時だったからね(笑)
 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

ニッポン脱出

斎藤工のニッポン脱出~1981~

本を出すにあたって自分の四半世紀を辿れば楽しい道のりを歩んでいる工。どこでどんな‘CHOICE’をして今に至るか、工の言う通りそれが分かる。幼少の頃の写真や描いた絵など満載で斎藤工を深く知るコトが出来るハズ(おぃ)。楽しめますv

カレンダー2009

斎藤工カレンダー2009

プロフィール

nao

Author:nao
斎藤工クンが大好きです♡
・・・愛故時折ド派手に歪みますが(ぇ)
生工を拝みたくて。
あの目ヂカラに堕とされたくて。
ぷにぷにお手々に触れたくて。
工が関わると金銭感覚がなくなってしまう工バカで工破産街道を前のめりに突っ走ってますぅ~!
(*^^)v ←全然威張れない

氷帝からテニミュにズボっとハマり
キャストみんな好きですが
加藤和樹クン・滝川英治クン贔屓
そして今は秋山真太郎クンも(笑)
 
あと大好きと言えば
TEAM NACSも大好きです♡
北海道に移住したい(笑)
 
こんなヤツですがどうぞよろしく!

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック

春琴抄

斎藤工が魅せる究極の耽美文学 メイキング・オブ「春琴抄」

ココロノグルリ

ココロノグルリ~通常版~

斎藤工ファーストアルバム

NoBorder

斎藤工Photobook No Border

calling

斎藤工DVD calling

プライベートジャーニー

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー西安編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー体験編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー敦煌編

プライベートジャーニー2弾

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーバンコク編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニースコータイ編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーチェンマイ編

THE FAMILY 絆

THE FAMILY 絆

BOYS エステ

BOYS エステ

トンデモホラーシリーズ

あ!お皿に首が乗っている

空飛ぶジョンと萬次郎

空飛ぶジョンと萬次郎

ユリシス

ユリシス

Kazuki Live“GIG”2006

Kazuki Kato Live“GIG”2006

Kazuki Live“GIG”2007

Kazuki Kato Live“GIG”2007

最後のクリスマス

最後のクリスマス

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。