lady in love

斎藤工さんが大好きで応援しています^^ 工のコトやくだらない日常を呟いてますv

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年1年お世話になりました

今年1年、こんなトコへお越し下さってありがとうございました。
こんなトコ&こんな私ですが来年もどうぞよろしくお願いいたします!

ではではーみなさん、よいお年を!
スポンサーサイト

小説版のえる


小説版「BOYS LOVE」をやっとこさ買い、読みました。
深夜に(笑)

メイトでなくって大きな書店で購入したんだけど見当たらず店員の方に聞いてしまった。
「すみません、小説版のBOYS LOVEはあります?」
すんげー恥ずかしくてある意味羞恥プレイでした(笑)
「あ、こちらです」と店員の方に連れられて行き着いたところは
同人誌のコーナーでDVDと同じ表紙の工とコニーが沢山積まれておりました。
そこらへんにあるんだと自分で気付けばよかった

羞恥プレイと言えば16、17日行われたWSイベントでも羞恥プレイをさせられたばかり(笑)
握手する順待ちの時、舞台上5~6人で並んで待つんですよ。
ベスアクの時も、ダンスマスターの時も握手終わった方は帰られていたのですが
今回は帰らず自分の場所に戻るんです。。。
まぁみなさん工を見ていて並んでいる方のことなんぞ見てはいないと思いますが
ホント恥ずかしくて・・・
もっとマシなカッコでくれば良かったぁぁぁぁぁーと悔やんでました。

工の為じゃなくって舞台上に上がって待つ為にね(私らしい)

あ、話が逸れた。。。
でも逸れついでにもうひとつ!

スキトモイベで工ってばブログやミクシって言葉を口にしたんですよ!(笑)
もしかして工ってブログやミクを見てるわけ!?と
こっちはもうビックリしまして。。。
でも工って足跡なんぞないけどね(当たり前だ)
迂闊に歪んだ愛なんぞ(コラ)叫べませんよね~(誰に言ってる)
だって愛しているからこそ、こう、、、歪んでしま(えー)

で、小説なんだけどDVDでは飛んでいたりしたシーンや会話など
小説だけあって詳しく書かれていたので良かった。
DVDのあの終わりは涙出来なかったんだけど(えー)
小説は最後の、のえるとの会話とか心描写があってうるうる出来ました(笑)
あの小説のまんまDVDだったらまた少し違った感じになったカモですね。
まぁ時間の関係上カットしなくてはならない部分が~なんでしょうけど
何もソコをカットしなくても。。。だったから。
DVDを観てしまった後なんで読みながら浮かぶシーンって工とコニーなんだけど(当たり前)
キャストが決まる前に読んでいたらどんなシーンが浮かんだんだろうって思いました。
うーん。。。読んでみたかった(笑)
小説の‘のえる’はホントに17歳って気がする。
工が17歳には見えないとかそーゆーのではなくて(笑)

まだでしたら読んでみて(笑)
特にまなみしゃんとか花衣とか(もう読んでるかな)
 

バトン


まなみしゃんから回してもらったバトンです~


①送り主のコトどう思う?
すっごく可愛い子だと思うよん

②送り主のコト好き?
好きぃ~♪

③送り主のどんなトコが好き?
気軽に話しかけてくれるトコ
もっと色々話したいっス!

④送り主と遊んだコトある?
残念ながらありませぬ。。。

⑤遊んだらどうだった?
今度遊んでみたい!
って言っても年齢差が(笑)

⑥送り主のコト気になる?
工やテニプリ以外の話もしてみたいな

⑦送り主見たコトある?
ありませぬ。。。

⑧見てどうだった?
私の想像だと素直で可愛らしいと思いマッシュ♪

⑨送り主と会って言いたいコトは?
これからも仲良くしてください

⑩送り主のコトなんて呼んでる?
まなみしゃん

⑪送り主とどんな関係?
オン友だと勝手に思ってまふ。。。

⑫好きな8人回して
は、はちにん!?
じゃーまなみしゃんにまず返して(笑)
キアラ、奏良さん、花衣、藍、茉茅花、凪沙さん、れくしゃんで。。。

あースルーおっけーだから!!!!!
やらなくちゃ!って思わなくていいからね!
 

早いモノで・・・

気付けばもうすぐ今年も終わってしまうのに年賀状でさえまだだよ。。。ヤベぇ

ごめんなさい、遅れてしまうカモ←超私信

工のWS握手会イベやスキトモイベの感想も書きたかったのになぁ。。。
時間がねぇよ

振り返れば12月は工の舞台で始まって握手会やイベなど工工工工一色でした
仕事終わって行ったりと結構ハード。。。
間にBumbino+観に行ったり飲み会があったりしたんだけど
よく具合が悪くならなかったよなーと自分の身体を褒めたい(笑)

今まで工イベとかはひとり参加だったんだけど
今回はどれもタクミクス&カズキクス(勝手に付けてもーた)な
お姉さま方と一緒だったのですっごーーーく楽しかった
遠方の方は待ち合わせたりだったけど
特に約束なんぞしていなくてもそこに行けば必ず会えて
次までの合間や帰りにお茶して・・・
工や和樹が会わせてくれた縁だからホントに良い出会いでした

いつもはメルとかネット上だけでしか話していなかったのに不思議です(笑)
工や和樹関係で(テニプリってイベないからね)このイベ行きます~なんてあったらぜひぜひお声かけを!なんてね(笑)

そーそー!!
今年はジャンフェス仕事で行かれなかったんだよー!ちくしょー!!!
キアラ、ごめんでした←またもや超私信
お陰でジャンフェスの後、土曜日の工のWS握手会イベの2部に参加しよー計画が実行出来んかったとです

 

MEN&MAN!

MEN&MAN、行って来ました。
今週はほとんど出っぱなしな毎日でMEN&MAN以外の昨日はオペラ座の怪人を観に行って。。。
明日は最後のMEN&MANで観に来る友達に会いにまたシアターサンモールへ(笑)
楽の当日券もあるということらしいので並んじゃおうかな(爆)

どんな感じだったかざっと感想を。
ネタバレにもなるので見たくない方は見ないでね。。。


あくまでも工メイン、そして下ネタメイン(笑)のネタバレなのでご了承ください。。。
 
 

続きを読む »

行ってきましたーサプライズ!

花衣とその友達と私の友達4人と行って来ました、たくみんサプライズ。

まずは花衣と合流。
イメージ通りとってもカワユイ方でした。
以前からバレーボールだからって言ってたけど
「どこがバレーボールやねん!」だったよ!んもー!
こんな私が一緒にいてヨカですの?状態。。。(-_-;)

その後私の友達と合流。
またその方も可愛らしくって

(@_@;) マジで!?・・・しくしくしくしくしくしく


で、そのまま「こっちだっけ?」とオオボケかましながらマルイに到着。
(頼りなくってすんまそん)
どんだけいるんだろうと覚悟していたのに入り口に6人くらいしか並んでなくて
「え・・・こんだけ・・・」とビックリしましたが寒いので既に参加券は配布されてました。
・・・ですよねー(笑)
参加券を貰ってとりあえずお茶をしに。。。


「何でブレスしまってるの?」
「だってー」

おいおい。。。何か話が違いますが?(笑)

一昨日待ち合わせ決めてた時はねー
一緒にねー
おそろで工のブレスしよーって言ったのにねー

ホントに付けて握手したのは私だけでしたよ、、、

ね?花衣さん・・・? (笑)

それから12時半に再度並ばされる前に花衣のお友達と合流。


んもー!なんでみんなそんなに可愛いんだよっ!!
 
 

続きを読む »

今更ながらのえる(笑)


「Boys Love」私の簡単な感想(笑)

のえるの変わっていく心を表している工の表情が大好きです

全編通して強く思ったのはソコでした(爆)


変わっていく心を表している表情は流石工だなって思いました。
独特なセリフ回しは置いといて(コラ)
工ってほんとに表情を表現するのは上手いと思います。
流石表現者だと言うだけあるわ、なんてね(おぃ)

率直な感想としてはストーリーがちょこっとだけ期待ハズレって感じでした。。。
もっと色んな意味で色々あると思ったんだよね(期待しすぎ?)


過去にけんちゃんを愛していたとしても
私はとっかえひっかえするのえるの相手はオンナでも良かったと思う。
千鳥もオンナでいい。
それでのえるが間宮に惹かれてしまって気付く、、、
自分はホントにゲイだってことに。
で「BOYS LOVE」(ベタすぎ?)

オンナの千鳥を選んでおけば普通の人生を歩めただろうけど
オトコでも間宮という人間に惹かれてしまった為に
あのような結末を迎えることになってしまった、とか。。。
だっていくら幼馴染で【けんちゃんの存在と過去】を知っていても
好きならいつも傍にいた自分をって少しは望みを持つじゃない?
なのにのえるが選んだのはオンナの自分じゃなくて男の間宮なんだもん。
ショックだと思うんだよねー
千鳥が号泣していたシーンを見てそう思った。。。
どう頑張ったってオンナじゃ頑張りようないからね・・・
張り合うとか以前の問題だし。
まぁ色んなオトコと身体を重ねることで
のえるは【今はこの世にいないけんちゃん】を重ねていたのかもしれないけど。

「身体張ってます」工がそう言ってたように
確かに身体張っての工の演技は素晴らしいし
本当に愛し合っているんだなって微笑ましく思えるようなコニーとの二人の演技も
好きなのに振り向いてもらえない辛さを表現している松本くんの演技も
素晴らしいです。

まだの人は観てみても・・・
ただ一応、ひとりで観ることをオススメ致しますが(笑)
 
ニッポン脱出

斎藤工のニッポン脱出~1981~

本を出すにあたって自分の四半世紀を辿れば楽しい道のりを歩んでいる工。どこでどんな‘CHOICE’をして今に至るか、工の言う通りそれが分かる。幼少の頃の写真や描いた絵など満載で斎藤工を深く知るコトが出来るハズ(おぃ)。楽しめますv

カレンダー2009

斎藤工カレンダー2009

プロフィール

nao

Author:nao
斎藤工クンが大好きです♡
・・・愛故時折ド派手に歪みますが(ぇ)
生工を拝みたくて。
あの目ヂカラに堕とされたくて。
ぷにぷにお手々に触れたくて。
工が関わると金銭感覚がなくなってしまう工バカで工破産街道を前のめりに突っ走ってますぅ~!
(*^^)v ←全然威張れない

氷帝からテニミュにズボっとハマり
キャストみんな好きですが
加藤和樹クン・滝川英治クン贔屓
そして今は秋山真太郎クンも(笑)
 
あと大好きと言えば
TEAM NACSも大好きです♡
北海道に移住したい(笑)
 
こんなヤツですがどうぞよろしく!

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック

春琴抄

斎藤工が魅せる究極の耽美文学 メイキング・オブ「春琴抄」

ココロノグルリ

ココロノグルリ~通常版~

斎藤工ファーストアルバム

NoBorder

斎藤工Photobook No Border

calling

斎藤工DVD calling

プライベートジャーニー

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー西安編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー体験編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニー敦煌編

プライベートジャーニー2弾

Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーバンコク編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニースコータイ編Search for my roots 斎藤工のプライベートジャーニーチェンマイ編

THE FAMILY 絆

THE FAMILY 絆

BOYS エステ

BOYS エステ

トンデモホラーシリーズ

あ!お皿に首が乗っている

空飛ぶジョンと萬次郎

空飛ぶジョンと萬次郎

ユリシス

ユリシス

Kazuki Live“GIG”2006

Kazuki Kato Live“GIG”2006

Kazuki Live“GIG”2007

Kazuki Kato Live“GIG”2007

最後のクリスマス

最後のクリスマス

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。